ピューレパールとイビサクリーム…その違いと特長!

ワキのピューレパール・デリケートゾーンのイビサクリーム

ワキの黒ずみ対策としてけっこうネットショップで見かけることが多くなった『ピューレパール』。

 

でも、最近になってまた新しい黒ずみ対策製品が出てきました!

 

名前は『イビサクリーム』

 

ブラジリアンワックスを専門にした『イビサワックス』っていう全身脱毛(顔や身体全体)のショップが開発したそうです。

 

脱毛した後のユーザーからアフターケアできる製品がほしいってことから開発された、主にデリケートゾーン(V・I・Oライン)”に使えるクリームになっています。

 

わたしもこのイビサクリームは購入しているんですが、実はコレいままでの黒ずみ対策製品にはないある特長を持っているんです!

 

それも交えながら、ピューレパールとイビサクリームの2商品を比較していきたいと思います。

 

ピューレパールについては、別ページで触れているのでそちらでどうぞ!

 

>>ピューレパールについて!(アットベリージェルと比較してみました)

 

イビサクリームの特徴も触れていきますね。

 

イビサクリームについて!

【製品名・販売名】
イビサクリーム・スペースホワイトニングスキンクリーム
【内容量】
35g
【販売会社】
株式会社 ファイブテイルズ
【効能・効果】
肌あれ、あれ性。メラニンの生成を抑えてしみ・そばかすを防ぐ、肌をひきしめる、肌を清浄にする、肌を整える、皮膚をすこやかに保つ、皮膚にうるおいを与える、あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ。油性肌。かみそりまけを防ぐ。日焼け・雪焼け後のほてりを防ぐ。
【成分】
有効成分:
トラネキサム酸 グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:
ヒアルロン酸ナトリウム(2) シロキクラゲ多糖体 ローズ水 乳酸ナトリウム液 オウゴンエキスシクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール サクラ葉抽出液 カモミラエキス(1) ダイズエキス メチルフェニルポリシロキサン 1,3−ブチレングリコール  ポリアクリル酸アミド 1,2−ペンタンジオール 軽質流動イソパラフィン グリセリンモノ2−エチルヘキシルエーテル グリセリン脂肪酸エステル グリセリン 1,2−ヘキサンジオール ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)エデト酸二ナトリウム フェノキシエタノール 精製水

 

デリケートゾーン(陰部)に向けて開発されたクリームで、いままでになかった有効成分『トラネキサム酸』っていうものが入っています。

 

トラネキサム酸って?

シミの治療薬でも使われるくらいの『美白有効成分』が使われていて、メラニンを抑える、炎症を抑える、肌荒れを抑えるなどさまざまな効果が期待できます。

 


クリームってなってますが、半透明のジェルっぽさがあって、塗り心地はピューレパールとそこまで違いはありませんでした!

 

香りは、ピューレパールのような除光液っぽさはなくて、まったくの無臭っていう感じですね。

 

塗ってからもほとんどベタつきは残らないから、デリケートゾーンに塗って下着をつけても不快感なく使えると思います。
それと、皮膚が硬い部分などに使っていると、気持ち皮膚が柔らかくなったような感じもあります。

 

ただ、ちょっと気になるのはイビサクリームの伸びはそこまで良くないことでしょうか(汗)
コスパはそこまで良くないかもしれません…

 

あと、わたしはワキの下などにも使ったことはあるんですが、やっぱりベタベタとした感じはないので使い心地はぜんぜん悪くないです!

 

また、あくまで医薬部外品なので副作用の心配もなさそうで、すくなくともわたしが使った限りでは肌のトラブルは一切起きていないので、安心して使えると思います(^^*)

 

ちなみに、このイビサクリームにもピューレパールと同じく【定期コース】と【通常購入】の2通りの購入方法がありますし、60日間の返金保証も付いています。

 

ピューレパールとイビサクリームの良い点・悪い点

この2商品を比較するとこうなります。

 

【ジェルの伸びの良さ】

ピューレパール…◎
イビサクリーム…△

【ベタつかないかどうか】

ピューレパール…◎
イビサクリーム…◎

【香り】

ピューレパール…△
イビサクリーム…○

【保湿力】

ピューレパール…◎
イビサクリーム…○

【黒ずみ予防と対策】

ピューレパール…◎
イビサクリーム…◎

 

イビサクリームは、基本的にデリケートゾーンである

 

・Vライン(ビキニライン)
・Iライン(陰部)
・Oライン(お尻付近)

 

のために肌にやさしい成分肌荒れを防ぐ成分など、肌のために考えられたものがたくさん使われています。

 

なので、肌が弱い・敏感肌の方などにとってはイビサクリームは合っているかもしれません。

 

一応、ピューレパールもイビサクリームも両方ともワキの下やデリケートゾーンには使えるんですが、イビサクリームの塗ったあとのベタつかないサラサラ感や、無臭なところを考えるとやっぱりデリケートゾーンにはイビサクリームのほうが良いかも?とは思いました。

 

■ピューレパール ⇒ ワキの下や二の腕など摩擦が多いところ
■イビサクリーム ⇒ デリケートゾーンやくるぶし、ひざなど皮膚が硬い部分

 

最後に、どっちが良いかどうかですが、あえて言うならピューレパールかもしれません。

 

なんでかというと、やっぱり保湿力+黒ずみが抑えられてるっていう実感があるからです!

 

イビサクリームはトラネキサム酸は入っていて美白はしやすいのかもしれませんが、使ってみていまのところそこまでハッキリと実感はわかないです…
なので、今後に期待したいですね(^^;)

 

この2商品はどっちも同じメーカーが出しているので、価格もサービスもほとんど同じです。
なので、あなたが使いたい部分に合っているのを使うのが良さそうです。