ピューレパールの効果的な使い方は?

ピューレパールの効果的な使い方は?

使い方は単純に塗るだけ…なんだけど?

ニキビケア商品っていうと、洗顔料だけのものや、洗顔料⇒化粧水⇒美容液をライン使い(すべて使う)するもの、美容液のように塗るだけのものといろいろあるんですが、ピューレパールはその中でも一番手軽で簡単なオールインワンゲルです!

 

使い方はいたってシンプルですし、そこに工夫も何もないように感じるかもしれません。
でも、こういったオールインワンゲルでも、使い方を工夫することでもっと効率良く美ワキを目指すことができます!

 

といっても、別になにかすごい工夫だとか、難しいことをするわけじゃないです!
ちょっとしたことに気を付けたり、タイミングを変えたりするだけです。

 

でも、そのちょっとの工夫が結果に大きく関わってくることもあるのでバカにはできませんよ!

 

ピューレパールを効果的に使うポイント!

ワキの下にシャワーの水圧を1分間当て続ける

「え?あんまり関係ないんじゃ?」

 

って思うかもしれませんが、このシャワーの圧力で毛穴を開かせて、ピューレパールの成分を浸透させやすくするためっていうのと、黒ずみの原因になる古くなった角質や汚れを取り除くことの両方の意味があります。

 

基本的には、ピューレパールを塗るタイミングはお風呂に入ったあとが望ましいでしょうね。
片ワキに1分ずつ計2分間当てて、お風呂から出て汗がひいたら、ピューレパールを円を描くようにしてマッサージするように丹念に塗りこむと良いですよ!

 

重曹を混ぜて塗る!

これも意外かもしれませんが、有効な手段です!

 

ピューレパールと同じ量の重曹をよく混ぜて、それをワキの下の汚れを絡めとるように円を描いてマッサージします。
そのあと1分おいたら、片ワキを1分ずつシャワーで洗い流します。

 

そうしてお風呂から出て汗がひいたら、↑と同じようにピューレパールを円を描きながら丹念に馴染ませていきます。

 

ちなみに、重曹は体臭などの臭い対策にもなるので、ワキの臭いにも悩んでいる方はぜひ重曹も使ってみてほしいです!

 

蒸しタオルを使う

シャワーが有効とはいえ、1日2回もお風呂に入るわけにはいかないし…
という場合は、蒸しタオルが役に立ちます!

 

朝などにそのままピューレパールを塗るよりは、蒸しタオルで1〜2分ほどワキを温めて、そのままタオルで拭いてからピューレパールを塗りこんだほうがふつうに塗るよりも成分が浸透しやすくなります!

 

忙しい朝にはちょうど良いのではないでしょうか。

 

重ね塗りをする

これはどちらかというと乾燥肌の方にはとくに良い方法かもしれません。
ピューレパールはヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲンなど潤い・保湿成分がふんだんに含まれています。

 

そのため、1回塗って乾燥させたあとにまた塗り込む、重ね塗り”をすることでよりピューレパールの有効成分をより浸透させやすくなります!

 

たとえば夜にお風呂に入ったあと、ピューレパールの1度の量の半分だけをまず塗り込みます。
そして、乾燥して馴染んだあとに、残りの半分をもう一度重ね塗りするだけです。

 

すこし手間が増えるだけで道具とかもなにも必要ないので手軽にできますよ!

 

今日からすぐに試せるものばかりです

これらの方法は今日からでもすぐにできる簡単なものばかりです!

 

なんだかお金と時間がかかりそうな重曹ですが、ドラッグストア、スーパーなどで100円前後ですし、100円ショップならそのまま100円ですぐ手に入ります!

 

蒸しタオルもタオルと電子レンジがあればすぐにでもできますし、手間っていうほどの手間じゃないと思います。

 

もし、すでにピューレパールを使い始めている方、これから使うかどうか悩んでいる人も良ければ参考にしてみてください(^^*)

 

※こちらの記事も参考に!

>>ピューレパールの使う期間の目安は?

>>ピューレパールはわきの黒ずみだけでなく顔にも使える!