ピューレパールは陰部(デリケートゾーン)に使えるけど・・・

ピューレパールは陰部(デリケートゾーン)に使えるけど・・・

陰部(デリケートゾーン)に使えるけど・・・

基本的にはすべてに使える

黒ずみって、別にワキだけじゃなく顔だとか背中、腕、足、陰部や乳首でもなることってあります(汗)
ピューレパールは、そういったワキ以外の部分すべてに使うことができるので、それはとくに大きなメリットだと思います!

 

公式ショップのQ&Aにも、そのことについて書かれています。

 

陰部(デリケートゾーン)に使えるけど・・・
参考サイト名:ワキの黒ずみ・美ワキ対策にピューレパール!黒ずみケアクリーム
参考URL:http://pule-p.com/

 

ここでいうVラインがいわゆる陰部のことなのですが、意外とここの黒ずみって厄介です^^;
下着との摩擦とか脱毛をするとその刺激で黒ずみやすいし、性的な経験が多い人は黒いって勝手なイメージを持たれてしまうことも・・・

 

水着を着るとき・・・
温泉で友達とお風呂に入るとき・・・

 

黒ずんだ部分なんてあまり人に見せたくないです。
そんな肌をケアするのにこのピューレパールはかなり役立ちます!

 

陰部に使えるけど・・・?

ただ、注意しないといけない点があります。
陰部は基本的に下着、服で覆われてる部分なので蒸れやすくなっています。

 

ピューレパールは二の腕や顔など何も覆われていない部分なら塗ってもベタつくことはほとんどないのですが、陰部だと話は別です!
通気性のない下着やジーンズなど密封された状況だと、ジェルのベタつきが気になる場合があります。
できれば

 

■通気性の高いメッシュタイプの下着
■スカートなど開放感のある服
■ピッチリとしていない、ゆったりめなズボン

 

など通気の良い服を選んだほうが不快感なく生活できると思います。
それと、ジェルを塗るときは、ふだんから使っている量よりすこし減らして薄めに塗ることを意識したほうが、ベタつきを感じずに済むかと思います!

 

個人的には

陰部に使うのはぜんぜん問題ないと思います!
とくにVラインは水着を着るときに目立ちやすいですし、布がこすれて黒ずみやすいので毎日しっかりとケアすることをおすすめします。

 

ただ、粘膜部分のIラインについてはあまりオススメしません。
あくまでVラインやOラインに使うことをオススメしますよ!

 

あと、できればより快適に使うためにも使い方にちょっと工夫をしてみると良いかもしれません。

 

わたしの使い方ですが、本当なら1日2回の使用で良いんですが、1回分の量を半分にして、1日4回くらいこまめに塗ったりするとよりベタつきを感じずに済みますし、このほうがしっかりとケアできているって感じがします。

 

あなたももし陰部に使う場合は、上に書いたように服装や塗り方に注意してみてください!